グレート・デーンの動画

大型犬の中でも大きい

グレートデーンは、ドイツで古くから飼育されてきた犬であり、体が大きく力強いので、イノシシなども狩ることができます。
昔は今よりも筋肉質で体重が更に思い体格でしたが、後にスリムな体型へと改良されていきます。
この犬の名前は大きなデンマーク人という意味がありますが、まったくデンマーク人は関係しておらず奇妙なネーミングとなっています。
また毛の色はブルーやブラックなど6種類あります。

性格は従順で穏やかであり、ギネスブックには世界一高い犬として掲載されることもあります。
かつてはイノシシ狩りの時に耳を怪我しないようにと断耳されることもありましたが、今は禁止され行われてはいません。
多くは耳が垂れているタイプであり、耳がピンと立ったタイプは珍しくなってきています。

もしも飼うとしたら、毎日散歩させたりする運動が必要です。
長めに散歩させたり、広い場所で走り回らせたりと、のびのびと運動をさせてあげましょう。
基本は室内で飼うこととなりますが、大型犬の中でも体が大きいので、広いスペースのある室内でないと飼うのは難しいです。
また慣れないと犬の扱いで怪我をするので、初心者には飼うのは向いていません。
毛は短いので時々タオルで拭くぐらいで良いです。

グレート・デーンの動画

それではグレート・デーンの動画をいくつかご紹介します。

https://www.youtube.com/watch?v=p_Bi-VB0iSQ

こちらはグレート・デーンの紹介動画です。
最初に大人の男性と比較があり、男性が立って同じぐらいの背丈があり、とても大きい犬であることがわかります。
子供だと背中に乗れるぐらいの大きさの犬であり、扱いになれないと飼育するのが難しそうです。

https://www.youtube.com/watch?v=7g51XXZrCAY

こちらはグレート・デーンがガチョウ雛に初対面する動画です。
比較的小さめのグレート・デーンですが、まるで猫が興味を示すように、ガチョウに鼻を近づけて様子をうかがっています。
このような動いている生き物は珍しいのでしょうか。
鼻を近づけて臭いをかんだり、様子をうかがったりしていて、面白い構図の動画です。

https://www.youtube.com/watch?v=7Q4cCGGKSes

こちらはグレート・デーンと赤ちゃんが一緒にいる動画です。
大型犬で体の大きい犬であり、赤ちゃんの何倍もの大きさがありますが、グレート・デーンは赤ちゃんの傍らで見守るようにしており、このようにしつけすれば子供とも一緒にいることも出来る犬なのです。
大きな犬と、小さな赤ちゃんというこの2つの対比が面白い動画です。

1 2 3 46