ダックスフンドってどんな犬?

獲物を上手においかける猟犬として育ってきたダックスフンド

ダックスフンドは、中世ヨーロッパの頃から猟犬として用いられてきた犬です。
原産はドイツとされていて、アナグマを獲物として猟を行う犬としてかなり活躍していました。

長くて細い胴や短い脚は、小動物が巣穴の中に逃げ込んだとしても入り込むことができ、獲物を穴から追い出すことができるため、狩りによく用いられていました。
また、嗅覚が強く持久力があるため、獲物をどこまでも追いかけてつかまるのに大変役立った犬として重宝されてもいました。
こうしたことから、かわいらしくユニークな見た目とは異なり、猟犬としての気の強さも持ち合わせているのがダックスフンドの大きな特徴と言えるでしょう。

ユーモラスな体型が特徴のダックスフンド

ダックスフンドと言えば誰もが胴長短足という姿を思い浮かべることでしょう。
とてもユーモラスな姿をしていますが、長くて大きな耳が垂れ下がっていますので、よりかわいらしさが増しています。

体の大きさは、スタンダード、ミニチュア、カニンヘンの三つに分けられていて、3キロから12キログラムくらいの体重になります。
タイプによって大きさも体重もかなりの差がありますが、日本では4、5キログラム程度の小型から中型のダックスフンドが好まれる傾向にあります。
室内で飼われることがほとんどという事情もあり、飼いやすい小さ目のサイズがより繁殖対象となっているのです。

毛のタイプも三つに分かれ、ロングヘアードとスムースヘアード、そしてワイヤーヘアードに分類されます。
ワイヤーヘアードに関しては、シュナイザーとの交配によって生まれていますので、他のタイプとは見た目がちょっと異なる印象を与えることもあります。

一緒に遊ぶ時間をたっぷりと取ってあげることが重要

ダックスフンドは人によく慣れて、飼い主に従順に従うという特性を持っています。
また、しつけもしやすく教えられたことをよく守る性格ですので、ペットとしてはとても良い犬でしょう。

一方では、人とのスキンシップをとても好むため、飼い主がしっかりと時間を取ってあげないとストレスが溜まってしまうという傾向もあります。
こうした事態を避けるためにも、できるだけ毎日一緒に遊んであげる時間を取って、ストレスを発散させてあげることが肝心です。
運動が足りないとやはりストレスが溜まったり、病気になりやすくなってしまったりすることもありますので、室内での遊びに加えて、毎日ちょっとの時間でも散歩に連れ出してあげるようにしましょう。

ストレスが溜まると神経質になってよく吠えるようになったり、見知らぬ人への警戒心が強くなってしまうこともありますので、小さいうちから愛情を注いであげて、楽しい時間を過ごせるようにするのが大事です。