ボーダーコリーの動画

活発な犬

この犬の起源はわかっておらず、昔のバイキングがトナカイなどの牧畜に使用していたのではないかと考えられており、スコットランドやイギリスで長い間作業犬として活躍していました。
牧羊犬の大会では素晴らしい成績を収め、1900年代になるとアメリカに渡ります。
スコットランドがかつてはイングランドの国境の向こうであり、その国境を意味するボーダーから名前が付けけられたと考えられています。

活発な犬であるために、飼育するなら運動させないとならず、運動する場所のないようなところで飼うのは難しいです。
従順であり頭が良く、トレーニングさせると言葉なども覚えますので、飼い主の良きパートナーとなるでしょう。
毛の色は白と黒やブルーマーブルなどの犬がおり、中には左右で目の色が違うバイアイと呼ばれる個体もいます。

運動で散歩などをさせるなら、刺激を与える必要があり、ゲームなどを取り入れて犬が飽きないように工夫しましょう。
特に頭がよいので、頭を刺激するようなゲームを取り入れると良いです。
ペットとして飼うよりは、犬の活発な運動につきあえるぐらいの体力のある飼い主でないと、飼うのは難しいでしょう。
長めの毛のタイプなら週に2回程度のブラッシングを、短めのタイプならタオルで拭くぐらいの手入れで良いです。

ボーダーコリーの動画

それではボーダーコリーの動画をいくつかご紹介します。

https://www.youtube.com/watch?v=LeUCzE4-Bvo

こちらはボーダーコリーの紹介動画です。
やはり激しく動き回っている様子が紹介されており、活発に動く犬であることがわかります。
訓練すれば飼い主の背中に乗ったりも出来ますので、とても面白いでしょう。
牧羊犬として羊を追いかけたりも出来ますので、作業犬としてもとても優秀です。

https://www.youtube.com/watch?v=O43N6hZCHh0

こちらは、サッカーボールを使って飼い主の支持に従っている動画です。
飼い主の支持によってサッカーボールを加えたり、前足で落ち上げたり、ボールを放り投げたりと、飼い主の言葉に正しく従っている様子がわかります。
やはり頭の良い犬なので、いくつもの言葉を覚えることが出来、中には1,000近い言葉を覚えた犬もいるようです。
https://www.youtube.com/watch?v=PJ77kjYGALA

こちらの動画は、オーストラリアのテレビ番組のAustrian Talent Showに飼い主と一緒に出演して、ダンスを披露している動画です。
ショードッグとしても活躍する事が出来る犬であり、このようにして飼い主と一緒に踊るような事も出来る、とても頭の良い犬です。

1 2 3 47