シー・ズーの動画

東南アジア原産の犬

シーズーの起源は、中国のペキニーズとチベットのラサアプソが混ざった物と言われており、古くから中国との関係が強かったチベットは、魔除けとしてラサアプソを中国皇帝に献上する習慣がありました。
そのころはすでに中国でペキニーズが飼育されていましたので、この時代に一つの場所にいた2種が交配してシーズーが誕生したと言われています。

特に西太后の時代に愛されていた犬であり、一部はヨーロッパに渡りましたが、ほとんどは王宮内で飼育されていたらしいです。
しかし共産革命が起こると、多くの犬が処分され、シーズーも絶滅寸前まで追い込まれます。
そのために現在のシーズーの多くはヨーロッパに渡った犬の子孫だといいます。

ヨーロッパに渡ったシーズーは、計画繁殖されましたので、現在の基礎がそこで出来上がりました。
ちなみにシーズーの名前は、獅子の中国語のシーツーに由来しています。

非常に穏やかな性格であり、家庭犬としても飼うことが出来ますが、物覚えは悪いです。
特に特徴なのが、全身の長い毛であり、顔は放射状に毛が生えて花びらのようになっています。
毛が長いので吸い込まないようにブラッシングなどを丹念に行ってあげましょう。
1日おきぐらいのブラッシングとコーミングは欠かせません。
飼うなら毎日の散歩は欠かせず、室内で飼うなら運動出来るようなスペースを設けてあげましょう。
高温多湿が苦手なために、屋外での飼育には向いておらず、室内で気温を調節してあげましょう。

毛が長いので短くするという手もあり、トリマーなどにカットや手入れを依頼すると良いかもしれません。
またショードッグとして参加させたいなら、やはり毛の手入れフが一番大変であり、通常の犬よりも手入れに苦労するでしょう。

動画

それではシー・ズーの動画をいくつかご紹介します。

https://www.youtube.com/watch?v=erZOOhG99yI

こちらはシーズーの紹介動画です。
やはりその長い毛が特徴であり、中にはリボンのように結ばれている犬もいます。
子犬の時はそれほど毛は長くありませんが、やはり毛は多く生えています。
シーズーの歴史から始まり、毛の手入れの方法や、健康面についてなど総合的に紹介している動画です。

https://www.youtube.com/watch?v=3ecis1nr7Jk

こちらはシーズーがブロック入れやおもちゃで遊んでいる動画です。
おもちゃを持ってくる度に、飼い主の方を見て、つぶらな瞳と可愛らしい顔を見せてくれるので、とても癒される動画です。
物覚えは悪い犬ですが、このようにしておもちゃを取り入れてゲームのような運動は出来ます。