Archive of ‘犬の動画撮影’ category

犬目線の動画が撮れるグッズ

犬の動画を撮影するなら、やはり犬目線で撮るとよい映像が撮影できます。

しかし犬は普段私たちをどのような感じで見ているのでしょうか?

犬の目がカメラになっていれば、犬が歩きながら見ているような動画が撮影できるかもしれませんが、なかなかそうはいきません。

犬の首や頭にカメラを巻き付けても途中で外れたり、犬が嫌がるかもしれません。

そんなときに登場したのが、犬目線で動画の撮影できるカメラが登場しています。

犬に装着できるカメラ

ビデオカメラの中でも小型になっているGoProという製品があります。

これは手の平よりも小さいサイズなので、スキーヤーやバイクレーサーのヘルメットに取付けたり、サーファーのサーフボードに取付けたりして、人と一体化した動きの動画を撮影できます。

そして登場したのがFetchという名前のハーネスであり、ハーネスの途中にこのGoProというカメラが装着できるようになっています。

普通の犬用から大型犬用までありますので、どのような犬に装着することも出来ます。

背中にカメラを取付けることも、胸の部分に取付けることも自由自在に好きな場所に取付け可能です。

このような犬と一体化で取付けることによって、犬から見た世界の動画が撮影できるのです。

犬に装着するなら小型のアクションカムがおすすめ

犬に装着するカメラは小型であればあるほど、邪魔にもならず犬も気になりません。

最近急激に登場しているのが、ハンディタイプのカメラよりも小さく豊富なアタッチメントがあるアクションカムです。

アクションカムは上記のGoProもそうですが、これはプロ用カメラなのでお値段が高いです。

そこで安い製品が各社から発売されています。

ウェアブルカメラとも言われており、体に装着することを前提として開発されているカメラです。

ソニーやパナソニックなど、ビデオカメラを発売しているメーカーならおおよそどこでも製品を発売しています。

アクションカムを選ぶときの注意

アクションカムは様々な種類があります。

どのカメラを購入するかは、各社のアクションカムのスペックを見て比べましょう。

特にどのシーンで撮影したいかで、要求されるスペックが決まります。

例えば、野外で撮影するなら防水性のあるアクションカムの方が良いでしょう。別売りモニターがセットになっていれば、それを見ながら撮影できたりもします。

レンズの明るさも製品によって違ってきますので、出来ることなら電気店などに行って、実際の製品を見た方が良いかもしれません。

また夜間撮影する予定があるなら、暗いところでも撮影できるような製品を選ばないと、夜間は真っ暗で何も映像に映らないということも考えられます。