1. >
  2. >
  3. 犬をカメラに慣れさせる方法

犬をカメラに慣れさせる方法

かわいい自分の犬なら、写真や動画として記録に残しておきたいものでしょう。

最近はデジタルカメラヤビデオカメラも低価格で高画質な製品が多く販売されています。

しかし、いざカメラを向けると犬がそっぽを向いてしまい後ろ姿しか撮れない、あるいはカメラに近寄ろうとせずに、遠くの小さい被写体の犬しか撮れない、なんてこともあります。

カメラを見たら怯えたり吠えたりして、良い表情にならないと言うこともあります。

犬にとってカメラは得体の知れない物体

犬にとってどのようなカメラであっても、それは音が出たりフラッシュの光があったり、ズームなどで見知らぬ音がする奇妙なものなのです。

一説ではレンズが生物の目に見えると言う人もいます。

興味を示してくれる犬もいますが、怖がったり近づいたりしない犬も多いのです。

せっかくカメラを向けても、これだと良い表情が撮れません。

このために、写真や動画を撮る前に、まずはカメラを犬に慣れさせることが大切です。

十分に慣れた後で、じっくりと撮影をしましょう。

カメラを怖くないものだと思わせる

これは簡単な方法であり、カメラを近づけて犬が近寄ったらおやつをあげる。

食べ物の近くにカメラを置いておいて、カメラと食べ物を同じものだと認識させる。

食べ物で釣るという方法でしょうか。

また、カメラを犬に向けて、犬がカメラの方を向いているときに「いいこだね~」とか「こっち向いて」とか名前を呼んで、カメラに興味を持たせるのです。

無理にカメラを近づけて慣れさせるよりも、犬の方から自然と近寄るようにしますので、慣らしやすい方法です。

カメラをいつも犬の近くに置いておく

一年でカメラで自分の犬を撮影するのは何回でしょうか?

数えるほどしかないのではないでしょうか?

これでは、普段見慣れないカメラを犬が見たら驚いて近づこうともしないのは当たり前です。

カメラに慣らすためにもカメラをしまっておくのではなく、犬の見えるところにいつも置いておきましょう。

いつもカメラと接することで、犬も自然とカメラに慣れていきます。

そうすれば、カメラになれて、いつしかカメラがあっても眠ってしまうぐらいカメラを気にしなくなります。

シャッター音などにも慣らそう

シャッター音なども警戒して逃げてしまう犬もいますから、その音にも慣らす必要があります。

これはまずはシャッター音が小さくなるような環境を作って、それに犬を慣らしましょう。

その音を出しても怖がらなかったりしたら、おやつなどのご褒美を上げるのです。

そして、そのシャッター音を徐々に大きくしていきましょう。

音をご褒美と結びつけて、怖くないものだと認識させるのです。

シャッター音以外にも、カメラを手で叩いてカメラに慣れさせたりするのも良いです。

Comments are closed.