1. >
  2. >
  3. ペットのメモリアルビデオが作れる

ペットのメモリアルビデオが作れる

犬などのペットを飼っているなら、是非ともその成長過程などをビデオに納めて記録したいと思いませんか?

ビデオカメラさえあれば、あなた自身でも手軽に撮影して動画に納めることも出来ます。

またさらに凝った映像にしたいなら、専門の業者に頼むという手もあります。

こちらだとお金はかかりますが、プロの撮影者があなたのペットをこの世に1つしかない動画作品にしてくれます。

記念場面を映像にする

ペットを飼っているなら以下のような場面に遭遇するはずです。
・子犬や子猫が生まれたとき
・初めてペットが家に来たとき
・公園デビューの日
・初めての旅行
・1歳の誕生日
・旅立ちの時

あなたのもとにやってきた犬などのペットは、長年一緒に暮らせばもはや家族の一員です。一緒に楽しんだり喜んだり悲しんだりと、同じ時間を共有するものです。

一度しか訪れない場面もあるかもしれませんので、是非ともビデオカメラで動画として記念に撮影して記録して残しておくと良いです。

最近のビデオカメラなら、どのようなメーカーの製品でも、素人が撮影しても立派な映像が撮れます。

特に撮影方法も難しいこともな、その気になればパソコンに取り込んで、場面をカットして繋げたり、エフェクトをかけたりして、動画編集することも可能です。

あなたとペットとの大切な時間を是非とも撮影してみましょう。

撮影テクニックワンポイント

普通にビデオカメラで撮影しても問題ないですが、さらにワンポイント加えれば素敵な動画になります。

・特徴を捉えて撮影する
犬でも小型犬と大型犬では性格が違ってきます。
小型犬なら広い場所に連れて行くと怯える表情になったりすることもあるので、慣れない場所での撮影は、犬をならすことから始めるべきです。
大型犬なら広い場所でも走り回り、いきいきした場面を撮りやすいです。

・屋外か屋内かどちらで撮影するか
屋内ならいつもどおりの飼っている状態の表情が撮影でき、小道具なども使いやすいです。屋外なら元気に走り回る様子などを撮影するのに向いています。

・ペット目線で撮影しよう
小型の犬なら見下ろすを嫌がる場合もあります。子供の写真を撮るのと一緒であり、ペット目線の同じ高さで撮影すると、いつもどおりのペットの様子が撮影できます。

プロに頼んでみる

一生に一度しかないような記念の場面なら、自分で撮影するのではなく、撮影のプロに頼むというのも一つの方法です。

お金は多少かかりますが、ドキュメンタリー作品に仕上げてくれるところもあります。

飼い主のあなたがメイクアップで整えて、犬と一緒にドキュメンタリー作品に参加するというようなことも可能です。

もしもプロに頼むならまずは相談してみると良いでしょう。

Comments are closed.