1. >
  2. >
  3. Vine動画を活用する

Vine動画を活用する

犬の動画を投稿するならVineを活用するのも悪くありません。

これはTwitter公式のアプリであり、iPhone版とAndoroid版があります。

このアプリの特徴は、動画を公開できることであり、しかもその公開時間が6秒と極めて短いことです。

6秒のループする動画を公開すると思って良いでしょう。

公開1週間でインスタグラムを凌ほどのダウンロードを記録し人気アプリとなっています。

動画を公開するのも難しくなく、動画を共有することも出来ます。

Vineの使い方

まずはアプリをダウンロードしましょう。

アプリのインストールが完了したら、Twitterのアカウントでログインします。新たにアカウントを登録する必要はありません。

Twitterと分けて使いたい場合は、新たなアカウント登録するのも良いかもしれません。

ログインしたらチュートリアルがあるので、読んでおきましょう。

動画を撮影するときはスマホ画面のカメラのマークをタップするだけです。

画面上をタッチしたら撮影が始まり、タッチしている間だけ動画撮影が出来ます。

そうして、録画時間のバーがいっぱいになったら撮影完了です。

撮影が終わったら、説明や位置情報やTwitterで共有するかなどを設定します。

これで撮影から動公開まで完了です。

またスマホから投稿するようにはなっていますが、Vineクライエントを使えばパソコンからの投稿も可能です。

動画と言うよりはパラパラ漫画

Vineに公開する動画は6秒と短いので、動画というよりはパラパラ漫画という感じです。

実際に公開している動画はいくつもの場面を合わせて、そのようにパラパラ漫画のようにしている動画も多いです。

すでに海外の一部では流行っているようで、日本で流行るかは今後の動向次第でしょう。

犬の動画を公開するのも、さほど難しいことはなく、自分の犬をスマホで撮影すればすぐに動画公開できます。

またTwitterやFacebookで動画を共有する事も出来、Vineにも独自のタイムラインがあるので、友達をフォローすることも可能です。

パラパラ漫画としてすでに認知されている

海外ではすでにコマ送りのパラパラ漫画のような使い方をしている場合が多いです。

すでにVINEのパラパラ漫画のような動画だけを集めたサイトも出来ているようです。

犬の動画を撮るなら、表情が変化する様子などを撮って6秒に納めると面白い動画になるかもしれません。

パラパラ漫画のような演出が出来るのは6秒と短い動画ならではの演出ではないかと思います。

動画サイトはYotubeやニコニコ動画がありますので、Vineがこれから流行るかどうかは、日本で人気が出るかどうかにかかっているでしょう。

Comments are closed.