1. >
  2. >
  3. 柴犬の可愛い動画を集めました②

柴犬の可愛い動画を集めました②

柴犬は番犬に最適

柴犬は日本犬の一種であり小型犬です。
日本犬としてはもっとも古い種類でありもっとも小さい犬でもあります。

柴犬の名前は小さいから柴と付けられたとか、毛色の色から付けられたとか、いくつかの説があります。
起源はわかってはいませんが、スピッツの血筋を引き継いでいるのではないかと考えられています。

実は柴犬には3種類のタイプがあり、長野発祥の信州柴、岐阜県発祥の美濃柴、山陰地方発祥の山陰柴という3種類がいます。
しかし一時期は世界大戦でその数は10分の1になってしまうほど、絶滅の危機に瀕した犬でもあったのです。

獲物を追うことも目的に飼われており、イノシシも狩ることもあるようです。しかし今ではペットとして飼われる方が多いです。

1954年にはアメリカに渡り、世界でも知られるようになっています。
性格としては、とても縄張り意識が強い犬であり、見知らぬ人に対しては距離を置いて警戒しますので、このような性格が番犬として飼うにはとても向いているのです。

また比較的に吠える犬でもあります。

柴犬の動画集

https://www.youtube.com/watch?v=J2pdCPjvnfE

リードに繋がれている柴犬の子犬の様子です。
飼い主が遠くから柴犬を様子をうかがっているようですが、どうやらこの子犬の柴犬はとても眠たいようです。
状態を左右にフラフラとさせたりして、今にも横になって眠ってしまいそうな勢いです。

リードをひっぱたりして、子犬の注意を引こうとしたりしますが、どうやら睡魔には勝てないような感じですね。
そうして、最後にはぺたりと横になってついに眠ってしまいました。

この辺は犬も人間も変わりがありませんね。
やはり眠気が襲ってくると、睡魔には勝てないのが動物というものでしょうか。

https://www.youtube.com/watch?v=TG29rd2jU4g

こちらは狼と柴犬が一緒にいる不思議な光景の動画です。
フェンス越しであるとはいえ、今仁の鼻先同士がくっつきそうなぐらいの距離を保つ柴犬と狼です。

どちらもお互いのことをまるで警戒していないような様子であり、なんとも不思議な光景です。
雪の中にいるので、やはり柴犬も寒さには強いのでしょうね。

https://www.youtube.com/watch?v=Nmih836IVuY

柴犬が子犬の柴犬とじゃれあって遊んでいる様子の動画です。
ひたすら子犬が柴犬を追いかけているような感じでしょうか。

柴犬が興味を無くしてしまうと、背中に子犬が乗ってきて遊んでよとせがみます。
こうやって少しずつ柴犬は大人になっていくのでしょうね。

https://www.youtube.com/watch?v=5Wz7qD1EiTk

こちらはひたすらファンヒーターの点火を待っている柴犬たちの様子です。
柴犬は日本全国に生息しているとはいえ、やはり寒い場所よりも暖かい場所を好むものなのでしょうか。

ファンヒーターの前に鼻先を持っていて臭いを嗅いだり、ファンヒーターの中をのぞき込んだりして、ひたすらファンヒーターが点火するのを待ちます。

ファンヒーターの前で行儀良くお座りして、待っている様子がかわいいです。

Comments are closed.